電力自由化 メリット デメリット

電力自由化のメリット・デメリットからわかること

2016年4月から各家庭において自由に電力会社を選ぶことができるようになりました。

 

今までは、東京電力といった地元の電力会社しか選択することができなかったのですが、自由化することによって私たちにはどのようなメリットやデメリットができるのでしょうか?

 

電力自由化のメリット

 

電気代が安くなる

 

一番の大きなメリットは電気代が安くなることです。

 

私たちは日常、商品を購入する際には他の店舗と料金を比較し、より安いところで購入することが多いと思います。

 

ですが、今までの電気は地元の電力会社のみの独占販売でした。

 

なので、値段を比較することすらできず、とりあえず電気料金を支払っていたかと思います。

 

しかし、今回の電力自由化によって、数10社ほどの新しい電力会社が生まれ、各社それぞれ多種多様な料金プランが発表されました。

 

例えば、Looop電気の場合は基本使用料は0円の使った分だけ電気代が発生したりします。

 

休日の使用が多い方や、夜の使用が多い方向けのプランもあり、自分のライフスタイルにあった会社やプランを選択できるようになりました。

 

このように今までにはなかった価格競争が生まれることにより、

私たち消費者にとっては助かる電気代の値下げが期待できます。

 

サービスの充実

 

競争が起こるのは、価格だけではありません。

 

各社特色のあるサービスが提供されます。

 

例えば、楽天まちでんきの場合は、使った分だけ楽天スーパーポイントが貯まりますし、多くの新しい電力会社ではスマートメーターが導入されています。

 

今までは請求書が届いてから電気代や使用量を確認することができました。

 

スマートメーターの提供によってリアルタイムでの使用量を確認することができるため、今まで以上に切電意識を高めることができいます。

 

ITテクノロジーと組み合わさったスマートメーターなどが提供されます。
(スマートメーターはインターネット上で電気代や使用量が確認できるシステムです。)

 

電力自由化のデメリット

 

電力の安定供給

 

私たち消費者が一番不安視してしまうのは、安定して電気が供給されるのかということではないでしょうか?

 

確かにシステム上は今までと全く同じで、同じ発電所で作られた電気が同じ電線を通って各家庭に送られます。

 

そのため、原理上は今までの電力会社と変わらない安定して電気を使うことができるといえます。

 

しかし、東京電力などの地元の電力会社と違い、新たにできた会社は民間企業のため、経営不振などで健全な電力事業が継続されるのかという不安な点はあります。

 

実際に外国では、電力不足によって市場価格が高騰した影響で、停電が起きてしまったという事例もあります。

 

ですが、これは本当に例外的な出来事で、仮に日本全国で電気不足に陥ってしまった場合は、今までの地元の電気会社だとしても同じように停電になってしまうのではないでしょうか。

電力が下がらない可能性もある

 

各社様々な料金プランがありますが、誤ったプランを選んでしまうと今までよりも電気代が高くなってしまうかもしれません。

 

例えば、夜が安くなるプランプランを選んだ場合、昼間に使うと今までよりも高くなってしまう場合があります。

 

そうすると電力自由化のメリットを受けることができなくなってしまいますので、必ず電力プラント自身のライフスタイルを照らし合わせて適切なプランを選ぶようにしましょう。

 

まとめ

 

このように電力自由化が始まることによって、私たち消費者には値段やサービスといった大きなメリットを享受することができるようになります。

 

しかしながら、自身の生活習慣や選択する電気会社によっては、そのようなメリットを享受することができなくなってしまう可能性もあるので、電力会社選びとプランの選択はしっかりと考えるようにしましょう。